2014年09月22日

エアーかおる タオル



朝日新聞紹介!安心の正規品。類似品注意!★ものづくり日本大賞★経産大臣賞受賞
浅野撚糸極太糸超吸水ハーフバスタオル。 エアーかおる極太糸エクスタシーエニータイム 浅野撚糸 朝日新聞紹介

商品番号 xtc001
価格 2,200円 (税込 2,376 円) 送料別

サイズ 32cm×120cm
重さ 185g
素材 綿100%
原産国 日本


エアーかおる、驚きの新技術!

糸の間に空気の隙間を作る世界初の撚糸工法で作った、エアーかおるのタオル。軽くて柔らかいのにボリュームがあり、吸水性、速乾性にも優れています。また毛羽落ちが少なく、耐久性も抜群。経済産業大臣賞を受賞した特殊撚糸工法による本格的なタオルです。


posted by エアーかおる タオル at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エアーかおる ハンカチ | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

浅野撚糸 エアーかおる エニータイム

浅野撚糸 エアーかおる エニータイム
(タオル/バスタオル/おぼろタオル/日本製/吸水性)

創業百年を誇るタオルメーカー「おぼろタオル」。

糸を整え、織り、洗浄、染色、乾燥、裁断、ミシン掛けまで一貫して行っています。
創業当時からこだわってきたのは、とにかくいいものを作ること。100年経った今でも、伝統と品質を守り続けています。

老舗ならではの技術で、いままでにないタオル「赤ちゃんでも安心して使える毛羽落ちしにくいタオル」が欲しい!

そこで、魔法をかけたようにいつでも柔らかい魔法の糸を提供した浅野撚糸さんとの出会い、 一緒にいいものを開発したいという思いから共同プロジェクトが始まりました。

職人さんたちには、「こんな糸では織れない!」と何度も怒られ、機械がストップすることも、しばしば。


それでも諦めず、実験を繰り返し、2年間かけて、今までにないタオルが完成しました。


テストを1,500回以上、タオルの試作品は4,000枚ととても苦労して妥協せずに開発して出来上がったのが「エアーかおる」です。

今までにない風合いを実現することができました。

浅野撚糸株式会社は、世界初の撚糸工法で、糸を構成するファイバー(わた)1本1本にパーマネントをかけることに成功しました。

その結果、糸の中が空洞になる中空糸と異なり、綿糸のファイバー1本1本の間に空隙をつくることができ、いつまでもふんわり感が持続します。

また無撚糸と異なる点は、しっかり撚りが入っているので無撚糸に比べ毛羽落ち防止や耐久性が大きく 改善されました。世界初のこの撚糸工法は、まさに魔法がかかったような錯覚をします。


通常のバスタオルの1/2サイズなのに、たった1枚で全身・ロングヘアードライそしてターバンにもなります。
「魔法の撚糸」の毛細血管現象で全身・髪の水分をぐいぐい吸い取ります。
だから、入浴後のふき取りも楽で、水気も取れさわやかで気持ちがいいのです。

この「エアーかおる」ならではの抜群の吸水力があるから、1/2サイズを実現できたのです。

また、同じサイズのタオルと比べても「魔法の撚糸」のタオルは、ふわふわで軽いのです。
いつでもふんわり、空気のように軽い心地よい風合いで贅沢気分を満喫してください。






posted by エアーかおる タオル at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エアーかおる | 更新情報をチェックする

エアーかおる エニータイム

エアーかおる エニータイム 驚きの吸水力・ふわふわ感が人気のタオル☆エアーかおるタオル(バスタオル)ギフト・贈り物に喜ばれる日本製ふわふわタオル(お礼)
エアーかおる エニータイム


エアーかおる 魔法の撚り糸

【1】糸にひみつが

複合撚り糸を得意とする浅野撚糸が40年間積み重ねた技術を結集。水溶性糸と綿を解撚方向に強く撚り合わせ、それを熱湯に浸すと水溶性糸だけなくなり、その反動でふっくらした綿100%のタオルになります。
■1/2の軽量感
■無撚糸タオルの1/4の羽毛落ちの少なさ
■吸水性に大変優れ、吸水力が60%アップ
■洗濯しても、ふわふわ感の持続力が無撚糸タオルの4倍以上
■乾きが早い


【2】主婦が考えた、このサイズ

「こんなに吸収性が良いならバスタオルを小さくしたい!」その理由は、洗濯が大変、干すスペースが大変、重くてかさばる。
この、独自のサイズにすることで、価格が半分、洗濯機やタンブラーの電気代や水も半分のエコノミー&エコロジーのWエコなのです。


【3】日本国籍の追求
国内で売られているタオルの80%は海外からの輸入品。『世界でたった一つのタオルをつくりたいそれも日本らしさを全面に出して』。この水溶性糸と撚糸技術の合体は日本でしかできないハイテク(特許取得済)です。そこにおぼろタオル100年以上の日本の伝統が加わりました。
エニータイムの名前は、『いつでもどこでも使ってほしい』という作り手の思いからつけられました。





posted by エアーかおる タオル at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エアーかおる タオル | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。